株式会社mfc 大阪

知人の株式会社MFCって日本で一番知られているのは大阪のインターネットを利用した
通信販売を行っている会社でした。

知人の同名の会社がやっと世に出ていくようになるまで成長していたころにはすでにこの大阪の会社の知名度はものすごく「株式会社mfc」のキーワードで検索したときに出てくるサイト情報のページは惜しくも私の知人の会社ではなく、この大阪の株式会社mfcでした(残念…)

しかも社名のMFC=(アルファベット大文字)なところまで全部いっしょ(笑)

その大阪の株式会社mfcはちゃんとこれまで会社を運営されていてネットユーザーに対してしっかり商売をしてきた経歴が残っているからこそこうして今でも、同じこのキーワードで探したときに出てくる順位が高いのでしょう。

この会社から派生したネット集客のノウハウをサービス(提供)する法人も立ち上げられているようですね。
それだけ多くの方が見てきて信用があることも伺えます。

大阪の株式会社mfcのようにやっぱりインターネット上である程度ちゃんとユーザーの心を掴んでいる会社というのはグーグルさんからの評価も高い(=検索順位が高い)のは当然のお話

知人の会社もまだ立ち上げたばかりでネットだけでの集客はほぼ皆無にちかいですけど(泣)

自分がここに助力しなんとかこの大阪の会社に近づけるようにしていきたいと考えております。

株式会社MFC 求人

saxwq1
株式会社MFCの求人を探しているのだと思いますね。読んで字のごとく、意味も何もそのまんま。よくぞここまでというくらいこの単語で検索している人は何を求めているのか一目瞭然、ハイ!「株式会社MFCの求人」を探しているのであります。
とうことは、すでにこの会社名を知っていてここに就職したいと考えている人が多くいるということですね。
株式会社MFCと名前のついている会社は数多く存在するということを以前にも何度か述べておりますが、そのどこか一つの会社の求人だけを探している人がたくさんいるのではなく、同名の会社がそれぞれ検索されている可能性がありますね。
その会社の評判とかも働くひとにとっては気になるところでしょうけど、この求人に関してはその会社のことを事前に知らなければ「あそこの会社、募集してるかな?」とかわざわざ求人を探さないはずですから…。
というわけで、このブログの最初の「知人の会社株式会社MFC」を救う!のテーマから大きく外れてしまったので軌道修正します(笑)よくよ~く考えると(考えなくてもいいけど)、知人の株式会社MFCは創立された時期はもう4~5年たっているようですがまだまだ表舞台に立ってからは間もないので、全国いや世界中で検索されるインターネット上で求人なんて検索されることなんていまのところはほぼ皆無・・・少ないと思いますから、ここでお話しした先述の探している人がほしい情報とは違っている確率が高いですね。念のために知人の株式会社MFCの求人情報ページのリンク貼っておきます。ご興味のある方はご覧ください。意外と給与が高く待遇がいい会社ですよ^^

株式会社mfc 評判


株式会社MFCの評判!?知人の会社を調べているときに一番最初に目についたのがこの単語でした。よく検索されているようですが何のためにどのような人たちがどんな目的でこのワードで検索しているのかについて調べてみたのでここに記しておきます。株式会社MFCの評判についてですが、ほかのページでも述べているようにこの会社名のMFCって人気がある!?のかひとつの会社じゃなくて同じ名前の会社がたくさんありました。まずはどの会社のことを言っているのかというと宮城県にある健康サプリメントの会社ののことのようです。なかでも勤務体系や就業規則、給与や待遇といったものがいちばん検索されているようでこの「株式会社MFCの評判」という単語でネット検索している人の大半がこの会社に就職して働こうとしている人たちが求人の受付から会社の評判をみたくて探しているようですね。大きな大手の会社だからこそ採用される人数も多く会社の評判も気になされているということでしょう。最初は悪いイメージからの検索だったらどうしようかと思っていたのですが問題なさそうですね。というより知人の会社のことで探されていたのではないので(笑)正直言ってよかったというか全く日本全国への認知の差が違いすぎてこちらへの影響が少なさそうで安心しました^^;

株式会社mfc 架空請求!?

smartphone-1790833_960_720
こちらのブログを立ち上げたときの冒頭でもお伝えしたように「株式会社mfc」で検索するといろんな情報が出てくるのですがその中であまりにもマイナスイメージで気になる単語を含むものがちらほら・・・。それが「架空請求」という言葉でした。
幸か不幸か同じ名前で起業してしまった知人の会社はある意味話題性はありそうですけど(笑)、一歩間違えば犯罪者扱いされてしまうこのワードには注意が必要ですよね。もちろん知人の会社はおなじ社名の株式会社mfcではありますけど、もともとインターネットを通じたマーケティングリサーチやWebデザインを手掛ける会社でして架空請求するなどの物販系のサイト運営者ではありません。最近流行しているキュレーションメディア系の情報サービスサイトの制作や運営はしているようですがそちらの収益もインフィード広告などクライアント様から頂くシステムでサイトを閲覧しているユーザーさんから金銭のやり取りが発生するサイトではありません。株式会社mfc・・・。同じ会社でもいろいろあるみたいです。というかあまり見かけない社名であるにもかかわらず探してみるとけっこうたくさんあることに驚かされてしまいました。そして何よりその自分たちと同じ名前を持った会社が反社会的な団体で悪戯を働いているとしたらそれは自分たちのブランドイメージにも影響してくるかもしれません。社名を変えることができないのであればそのイメージを払拭し自分たちはその悪いイメージの会社とは全く違う団体であることを強く訴えていかなければいけません。