キャリアアップ助成金の受給資格と支給までのチェックリスト

キャリアアップ助成金制度画像
キャリアアップ助成金は、有期契約労働者である契約社員とパートやアルバイト社員など非正規労働者を、企業内でキャリアアップさせるための制度です。この制度を利用してキャリアアップを実現した事業者には、一定金額の助成金が支給されます。この活用で非正規労働者が正社員になることができる効果も期待できます。この助成金制度には、正社員化コースと賃金規定等改定や、健康診断制度と賃金規定等共通化に加えて、諸手当制度共通化と選択的適用拡大導入時処遇改善や短時間労働者労働時間延長コースといった7つのコースに分かれています。すべてのコースを一度に整備する必要はなく、着手できる所から始めて他コースへと広げて行くことも可能です。仕事内でもランクアップを図り評価も上がり収入も増えれば好きなルアー釣り情報サイトをいつでも見れます。キャリアアップ助成金を受給することができる対象は、中小企業事業主に限定されています。全コース共通の条件としては、雇用保険適用事業所の事業主であること、適用事業所ごとにキャリアアップ管理者を設置していること、対象労働者に対しキャリアアップ計画を作成して管轄労働局長の受給資格認定を受けていることなどがあります。また該当コースの対象労働者に対する賃金支払い状況等が明らかであること、計画期間内にキャリアアップに取り組んだ実績もある必要があります。その他各コースごとにも条件があり、それらをクリアしないと助成金を受給できないので注意が必要です。