建設キャリアアップシステムの概要とメリット

建設キャリアアップ画像
国土交通省と一部建設業界が進める「建設キャリアアップシステム」は、試験運用を経て2019年4月から本格的に全国で運用が開始されました。建設キャリアアップシステムは、建設現場で働く人達の経験や資格、現場歴などデータ化し、ICカードで管理することです。もともとのスタートラインは、建築現場における人材不足です。現在は、高齢化が進み若手の働き手が少なく、ベテランの在籍がメインとなり、これから働き手の中心となる若手が少ない状況です。建設技能者は次から次へと違う現場で経験を積んでいくため、技能が上がりスキルアップしたとしても評価されにくいため、賃金が上がりづらいと言われています。若い人たちは、正当な評価がされないので違う職種に転職したり、そもそも建設業界を敬遠する人達が増えていく悪循環が生まれてしまいます。そこに建設キャリアアップシステムを導入することにより、資格や経験のデーターを提示し、それに見合う賃金や待遇で仕事ができるというメリットがうまれます。また企業側にもメリットがあり、技能者の情報は事務所で安全書類や作業員名簿などを作成する時に、手書きではなくデータ化にすることにより、信頼性の高い書類が作成され、事務効率は高くなるメリットがあります。