人の評価じゃなくて自分自らが創り出すよりポジティブなキャリアアップという考え方

建設キャリアアップシステム
キャリアアップは単に会社を転職で働き先を変更するだけではそれと言うことはできません。また同じように仕事が変わっただけで例え収入が増えただけでもそれはキャリアアップとは言えないのです。自らのビジネスマンとしてのスキルと知識に磨きをかめることでしか成しえないものなのです。エンジニアなど技術職の仕事ならなおさらのこと。給与のベースアップなどはそれさえ達成することができるのなら、そんなものは後からおのずとついてきます。だからこそ一言でキャリアップといっても在職中に今の会社の中でも行えますし、基準と目標を設けて自らが創り出すことも十分可能なのです。それは誰か他人が、会社が評価して「引き上げてもらった」、「枠組みの中に入れてもらった」のではなく自分自身がそこへ辿り着くために努力を重ねで残った結果なのです。そこに到達するためにはさまざまな困難が待ち受けていることでしょう。それでも強固に自分自身の目標をあきらめずに打開策を考えることで目標達成以外のも強靭な精神力もついていることにあとになって気が付くはずです。人目を気にしすぎて動けないビジネスマンなんて言語道断。今なりたい自分。やりたいことがあるのなら今すぐに実行に移すべき時が来ています。自分の人生を左右するのは会社やましてや他人ではありません。自分自身なのです。